お気に入り昆虫雑貨&グッズが見つかる虫博士サイト・むしらぶろぐ

【害虫の雪虫が大量発生の原因とは】秋の風物詩に何が?

害虫にもなる雪虫

2019年に大量発生した「雪虫」ケヤキフシアブラムシ。

平年の10万倍飛んだと言われています。

2020年も大量発生の可能性があるとニュースで出始めました。

大量発生の原因とは何でしょうか?

大量発生すると恐ろしい「雪虫」とは

アブラムシの仲間で

本州の方にはあまりなじみがないと思いますが、

北海道や東北地方でよく見られる昆虫。

10~12月に空中を舞う姿が見られる虫で

冬の訪れを告げる虫」として知られています。

見た目は「雪の妖精」

雪虫は地方によって、さまざまな別の呼び方があります。

  • ゆきんこ
  • 綿虫(わたむし)
  • しろばんば
  • 雪蛍
  • オナツコジョロ
  • オオワタ
  • シーラッコ

雪虫は愛称。いくつかの種類がいます。

  • トドノネオオワタムシ
  • リンゴワタムシ
  • ケヤキフシアブラムシ

【特に有名な2つの種類の比較】

トドノネオオワタムシ

  • 5mmほどの大きさ
  • 綿のような分泌物がついている
  • トドマツ→マチダモに移動

ケヤキフシアブラムシ

  • 2mmほどの大きさ
  • 綿のような分泌物がついていない
  • ササ→ケヤキに移動

▼2019年10月~11月に大量発生した雪虫は

「ケヤキフシアブラムシ」。

平年の10万倍も大発生したらしい・・・(怖)

見た目は普通に小さい黒い虫。ふわふわとした分泌物がない種類です。

雪虫として見かけるのは全部メスだそうです。

なぜ害虫?

数匹がひらひらと飛んでいると

  • そろそろ冬の到来かな
  • 初雪ももうすぐかな

このように秋の風物詩として

穏やかな気持ちになるかもしれません。

しかし、これが度をすぎる大量発生となるとまた話は別。

死骸が野菜に入ると腐ったり、

カビが生えたりして廃棄に繋がる可能性。

大量発生した場合、

  • 立っているだけで目・口に入ったりする
  • 衣服や車に雪虫だらけ
  • 大量の雪虫を吸い込んでアレルギーを発症する危険性

目や口もあけられないほどに、大量発生したら

健康被害の危険もないとは言えないですね。

害虫とは、人間生活に直接または間接に損害を与える昆虫のこと。

生活に支障がでると厄介な存在になってしまいますね。

大量発生の原因とは

気候条件や夏場に暑い日が続くと大きく影響し、

大量発生につながります。

夏場の気温が高いと繁殖期間が多くなり

多くの卵を産むことで起こります。

2019年の気候条件が良く、数十年ぶりの大発生でした。

▼2020年の夏は6月と8月に記録的な暑さとなり、

9月は厳しい残暑が続きました。

2020年は大量発生の条件にクリアしている可能性があります。

産卵のために移動する

産卵のために木から木へ移動します。

  • 天候がいい
  • 風がほとんどない
  • 晴れた日
  • 夕方

この条件を狙って一斉に飛び立つので

結局、まとめて移動するため大量発生という現象に。

雪虫の大量発生から初雪までの期間

雪虫と気温の関係性

※ウェザーニュースによる2007年~2011年の調査結果になります。

(参考元:雪虫の不思議2016ウェザーニュース

北海道では「雪虫が出現すると1週間で雪が降る」とされています。

雪虫の大量発生から初雪まで平均は2.24週間という結果に。

1週間で雪が降るという言い伝えよりも1週間以上遅いことが分かりました。

この調査は少々古いので

2020年も、雪虫を目撃した方は

初雪までの期間を数えてみては♪

タイトルとURLをコピーしました