虫が苦手なママも一緒に楽しめるサイト

700万部突破!絵本「いないいないばあ」昆虫採集にいかせるって本当?

いないいないばあ!

誰もが、赤ちゃんのころ、子供のころ

子育ての中で触れあってきた手遊びの

「いないいないばあ」は知らない人はいないというほどの人気ですね。

赤ちゃんが笑うなら

ついやってしまいますね。

昆虫採集にいきる理由を解説します!

【てっぱんのあやし方】みんなが知ってる「いないいないばあ」

皆知ってる「いないいないばあ」絵本

小さいころから馴染みのある遊び。

絵本700万部突破には驚きです!

赤ちゃんの心の声を言葉にすると、

「もうすぐ出てくる、出てくる……やっぱり出た! 」

大人でも、手品を見るとき、そんなワクワクがありますよね。

赤ちゃんにとってそんなワクワクは、まさにうまれて初めての体験。

相当面白いはずですよね!

しかし、「出てくる」のは顔でなくてもいいらしいんですよ。

とにかく、期待した結果がもたらされることが

楽しいと感じるから笑顔になるんですね。

参考引用:マイナビニュース「なぜ赤ちゃんは「いないいないばあ」が好きなの? 保育士に聞いてみた」

昆虫採集に行こう!「いないいないばあ!」って虫探し

虫探しにもいきる

コンクリートブロックや大きな石、コンクリートのかたまりなど・・

ひっくり返してみたことありますか?

ぜひ、石の下を覗いてみてください!

虫がいるんですよ!

虫はいるかな?

そのときに、我が家では

石だけでなく

  • 枯れ葉や落ち葉
  • 木の枝
  • 植木鉢

など

馴染みのある「いないいない・・・ばあ!」って

言いながらひっくり返していますよ!

子供たちも楽しんで虫を探しています。

虫がいた時のワクワクは

「絵本のワクワク」に似ているんですよね。

隠れているのは「てんとう虫の幼虫」

テントウムシの幼虫がいた

ひっくり返してみると

テントウムシの幼虫がじっとしています。

テントウムシの幼虫

【昆虫採集】ワクワクを体験しよう!

「はらぺこあおむし」の著者エリック・カールの子供時代

「マザーズセレクション大賞2020」を受賞した

はらぺこあおむしの生みの親、「エリック・カール」。

▼引用:「石をもちあげたり、木の皮をはがしたりして、

ちょこちょこ動く小さな生きものたちをみせてくれたんだ。」

これを見て共感しました!

子供のころの生きものとのふれあいは、

「大事だな!」と思います。

\代表作「はらぺこあおむし」絵本作家エリック・カールの作品の魅力について/

子供たちと一緒に体験しよう

虫探しをしながら散策しよう

天気のいい日、散歩をしながら

いるかな?ってぜひ探してみてください!

そのときは、

「いないいない・・・ばぁ!」って子供たちと一緒に

やってみてくださいね!

*追記*(2021/01/03)

2021年 新年早々、

テントウムシの幼虫を見つけました!

寒い冬をジッと耐えているのかなぁ・・と

見入ってしまった。

テントウムシの幼虫見つけた

【道路の脇のコンクリートブロックにて】

「冬ももう少しだぞー!がんばれ!」

タイトルとURLをコピーしました